独自の無人契約ルーム「てまいらず」

アイフルは他の大手消費者金融のアコムやプロミスと違って都市銀行の傘下に入らず、独自で消費者金融業を展開しているだけに、他社には無い特徴がいくつかありますが、その一つが無人契約ルームの「てまいらず」です。

無人契約ルームというとどの業者でも「タッチパネル式」の自動契約機が設置されており、モニターに映し出される指示通りに操作するようになっています。確かに、現在はATMやスマホなどで高齢者もタッチパネルに慣れてはいますが、借金の申込ともなると機械では不安を覚える人が少なくありません。

そこで、アイフルの無人契約ルーム「てまいらず」には自動契約機が設置されておらず、置いてあるのは「電話」です。つまり、オペレーターの案内を受けながら手続きを進めていけます。当然、分からないことや疑問なことがあれば、直接オペレーターに確認することができます。

手順としては、部屋に入り受話器を取ってプッシュ番号を押すとオペレーターが出ます。オペレーターの指示通りに申込書を作成し、本人確認書類とともに備えつけのスキャナーでスキャンします。その後、オペレーターから申込や審査におけるいくつかの質問があり、回答を終えると審査が始まるので、その場で待機します。

しばらくして、審査結果の案内があり、審査に通っているとカード発行機からカードが出てきます。そのカードですぐにATMから現金を引き出せます。